福井県立恐竜博物館

5歳娘と2歳なりたての息子をつれて、海の日に福井県立恐竜博物館に行ってきました。

2歳息子は歩かせるとすぐ抱っこをせがむのですが、広い恐竜博物館内を10キロ以上の子供を抱っこして歩くのは大変。

家からベビーカーを持参して館内をまわりました。

小さな子連れの我が家がどれくらいの時間で館内を見学したのかや、当日の混雑具合などをお伝えします。

スポンサーリンク

福井県立恐竜博物館の口コミ感想

恐竜博物館は以前、夫と2人で訪れたことがあります。

そのときはじっくり展示物をみて回れたのですが、今回はそうはいきません。

少しでもスムーズに入館できるように、事前にローソンのロッピーで前売り券を購入しておきました。

ローソン以外でも、

  • セブンイレブン(セブンチケット)
  • ファミリーマート(Famiポート)

などでチケットを購入することができます。

窓口で交換等の手間がかからないので、混雑時もスムーズに入館できます。
※コンビニで前売り券を購入しても、割引等はとくにありません。

特別展を見ようかどうしようか迷ったのですが、せっかく行くのだから!

ということで、特別展観覧券を購入。
(特別展観覧券で常設展も見ることができます。)

福井県立恐竜博物館特別展 恐竜の卵 ~恐竜誕生に秘められた謎~を見てきました

家族全員、恐竜には詳しくないのですが、特別展の「恐竜の卵」は見てよかった、面白かった!と感じました。

まず、特別展の入口には、「マイアサウラ」の親子ロボットが登場。

動く恐竜ロボットといえば、ティラノサウルスのような怖いイメージ。

ですが、このマイアサウラは卵や生まれたばかりの子供を見守るお母さんロボットなので、子供たちも怖がることなく見ていました。

2歳の息子がご機嫌なうちに一通り見ようとやや駆け足での観覧でしたが、

本物の卵の化石を触ることができたり
日本初公開の生まれる前の化石(胚化石)、ベイビー・ルイを見ることができたり

福井県立恐竜博物館に行かないとできない体験ができて、いい思い出になりました。

ちなみに常設展は・・・

「常設展のリアルな動きをするティラノサウルスを観て泣く子が多いらしい」

と聞いていたので心配していましたが、我が家の5歳児と2歳児は2人とも泣くことなく、とくに怖がることもなく、じーーっとティラノサウルスを見つめていました。

戦う恐竜のジオラマのコーナーでは、息子が「怖い~」と言ってしがみついてきましたが、泣くまではいきませんでした。

暗い所や大きな音を怖がる赤ちゃん・幼児を連れてくるのは、ちょっと厳しいかも。

それだけリアルで迫力があるので、恐竜が怖くないお子さんや大人には見ごたえたっぷりです。

スポンサーリンク

福井県立恐竜博物館の所要時間は?

福井県立恐竜博物館はけっこう広いので、小さな子供を連れて興味のある所だけを見るにしても、2時間は必要です。

福井県立恐竜博物館は、3階が入口・受付になっています。

まず地下1階までエスカレーター・もしくはエレベーターで下りて、次に1階、2階へ・・・とみていく構成になっています。

恐竜好きの人がじっくり館内を見て回るとすると、半日くらいは必要かもしれません。

我が家も2時間ほどで回りましたが、

  • 小さな展示物は素通り
  • 説明書きはほとんど読まない

という、何とももったいない見かたでした。。

でも、全ての階を回り終わって3階に付くころには息子がグズりはじめたので、2時間で回って正解だったと思っています。

4歳以上になれば恐竜化石発掘体験ができるし、下の子が4〜5歳になった頃にまた訪れたいです!

福井県立恐竜博物館の混雑具合

我が家が訪れたのは祝日・海の日。

混んではいましたが、館内は広いので、人の多さはあまり気になりませんでした。

ただ、館内3階にあるお土産屋さん(ミュージアムショップ)は大混雑!
ショップ内はあまり広いとは言えないので、移動するだけでも大変でした。

娘と私だけでお土産屋さんに入り、夫と息子は近くで待機してもらうことにしました。

  • 恐竜の立体パズル
  • 恐竜のぬいぐるみ
  • 恐竜の骨のチョコクッキー

などを買ったのですが、なんと・・・

その日泊まった竜博物館近くのホテル・ホテルハーヴェスト スキージャム勝山のお土産屋さんにも同じものが!!

スキージャム勝山に宿泊する予定で、とくにミュージアム限定品が欲しいというわけではない場合は、ホテル内でお土産探しをすることを強くオススメします(;▽;)

福井県立恐竜博物館の口コミ さいごに

  • 迫力ある全身骨格
  • まるで本物のような恐竜ロボット
  • リアルなジオラマ

などなど、見ごたえある展示物がたくさんある福井県立恐竜博物館。

恐竜に詳しくなくても楽しむことができるので、恐竜に興味がある子なら大興奮すること間違いなしのスポットです。

参考までに、我が家の到着してからの大まかな動きを載せておきます。

14時半到着:特別展からスタート

15時すぎ:常設展へ

16時半:ミュージアムショップ

17時前:駐車場→ホテルへ※普段の営業時間は9:00~17:00(入館は16:30まで)ですが、夏休み期間中は営業時間が拡大され、8:30~18:00でした。

最初はそこまで恐竜に興味がなかった子供たちも、博物館に行ってからは恐竜に興味津々。

ミュージアムショップ&ホテルの売店で購入した恐竜グッズで毎日のように遊んでいます。

訪れる前は「恐竜博物館はちょっと早いな?」と思ったけれど、短い時間ながら親子とも楽しむことができました♪

スポンサーリンク
ブログランキング参加中♪

この記事がお役に立てましたらポチっと
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
ブログランキングをクリックしていただけると嬉しいです♪
あなたのクリックを励みに、新たな情報をキャッチするべく とやまや が西へ東へ爆走しますε≡≡ヘ( ´ω`)ノ

おすすめの記事