ワンダーボックス資料請求

毎月届くアナログキットと専用アプリを組み合わせて学ぶ、
4~10歳むけのSTEAM教育領域の新しい形の通信教育サービス・ワンダーボックス。

 

サービスがスタートしてすぐの2020年春

当時4才の息子にワンダーボックスを習わせてから、1年が経ちました。

 

ふつうの学習教材だったら、どんなに子供が楽しめる工夫がされていても

途中で飽きてしまったり、親が言わないとやらなくなってしまったりしがち。

 

ですが、息子は

ワンダーボックス=ゲーム

だと思って、毎日欠かさず取り組んでいます。

↓↓↓

【資料請求】ワンダーボックスお試しキットをプレゼント

ワンダーボックス 通信教育を1年続けた効果

ワンダーボックスをはじめたのは

 

科学・技術・工学・芸術・数学の5つの領域を重視する教育方針・STEAM教育の新しい教材ということ

当時、とくに習い事をしていなかった息子に何か習わせたかったこと

そして、2020年の春、自主休園で息子がヒマそうにしていたこと

 

がキッカケでした。

 

1年つづけて感じた息子の成長は大きく

あきらめない力がついた
立体の問題が得意になった
1つのことに集中してとりくむようになった

の3つ。

 

はじめたての頃は、問題につまずくとすぐにカンシャクを起こしていました。

 

ワンダーボックスをダウンロードしているタブレットを雑に扱って、いつか壊すんじゃないかとハラハラ。
(今のところタブレットはまだ生きてます^^;)

 

今は、「あーもう!!」と悔しそうな声を上げることはありますが、
「明日また頑張る!」と気持ちを切り替えることができるように。

 

最近、ワンダーボックスに取り組んでいるとき以外でも
あきらめない姿を見られるようになってきて嬉しい限りです。

 

ワンダーボックス通信教育
↑ワンダーボックスの教材。毎月月末にポストに投函されます。

 

ワンダーボックスをはじめるときに、正直
特定の知識の習得を目的にしていないのがひっかかりました。

 

学校の勉強に直接役立つわけじゃないのかぁ

って思ってたけど、

すごーく大事な部分がしっかり育っているではないですか!

 

あと、息子は立体に強いということも分かりました。

立体ニガテな私としては、素直に、心から「スゴイスゴイ!!」と褒めるので、息子も嬉しそう。

 

やんちゃな息子には叱ることが多かったんだけど、ほめることが多くなったのはワンダーボックスのおかげです。

 

アナログ教材も充実しています。

ワンダーボックス資料請求
↑B1サイズの巨大シート教材・ビッグペーパー。
全身を使って試行錯誤する楽しさが味わえます。

 

息子はアナログよりもデジタル教材にハマっていますが

3才上のお姉ちゃんが代わりに遊んで(学んで)いることがおおいです。

 

きょうだいで一緒に遊びながら学べるのも魅力。

ワンダーボックス 無料の資料請求でトイ&アプリ教材もらえる!

ワンダーボックスは、今なら無料の資料請求で体験版キットがもらえます。

↓↓↓

【資料請求】ワンダーボックスお試しキットをプレゼント

アナログの体験キットだけでなく、デジタル教材のお試しも付いてきます。

 

デジタル教材の体験版アプリは7日間たっぷりお試し可能。

こどもが飽きずに教材を続けられそうか、実際の反応をみることができます。

 

4~10歳だからこそ伸びる、想像力や知的好奇心。

まだまだおうち時間を過ごすことが多そうですし、この機会に
ワンダーボックスで育ててみては♪

↓↓↓

お試しキットをゲットしよう!【ワンダーボックス】


わたしが始めたときは資料請求で体験版キットもらえるなんてなかったはず。

プレゼントはいつまでもえらえるか分からないので、気になる方はお早めに!

ブログランキング参加中♪

この記事がお役に立てましたらポチっと
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
ブログランキングをクリックしていただけると嬉しいです♪
あなたのクリックを励みに、新たな情報をキャッチするべく とやまや が西へ東へ爆走しますε≡≡ヘ( ´ω`)ノ

おすすめの記事