子供の写真はアルバムよりフォトブック!しまうまプリント10年愛用中

当ページのリンクには広告が含まれています。
しまうまフォトブック

日常のひとコマから園・学校行事に旅行まで。

スマホで撮った子供たちの大量の写真は、いつも「しまうまプリントのフォトブック」にしています。

アルバムは重いし、劣化が怖いし。

フォトブックを作るのって時間がかかりそうなイメージですが、しまうまプリントならあっという間に完成。

しかも、1冊198円から作れちゃう!

そろそろまたフォトブックを作りたいな、と思ったタイミングで、なんと!

しまうまプリントのフォトブック一部商品が2024年8月6日10時から値上げになる とのこと。

値上げになっても一般的なフォトブックとくらべるとお手頃価格ではあるものの、少しでも安いうちに貯まりに貯まった写真をまとめちゃおう!

と思い立ち、ここ数年のお気に入り写真をフォトブックにまとめることにしました。

あまり手間をかけずに、早く・安くフォトブックを作りたい!という方に向けて、しまうまプリントでのフォトブックの作り方をご紹介します。

【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック
目次

しまうまプリントフォトブックの作り方 超カンタン版

それほどデザインにこだわらないのであれば、フォトブックの作り方はとってもカンタン。

  • 写真をえらぶ
  • サイズ・ページ数を選ぶ
  • 写真のレイアウトを決める

ざっくり3ステップです。

しまうまプリントのフォトブックは、パソコンだけでなくスマホのアプリからも作ることができます。

↓のリンクから飛んだ先のページ右上、「アプリで作る」をタップすればアプリをGETできますよー。

【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック

アプリならスキマ時間に作れて便利。編集の途中で保存することもできます。

フォトブックに載せる写真を選ぶ

デザインにあまりこだわらない私の場合、いちばん時間がかかるのが「写真を選ぶ時間」。

まず一番はじめに、フォトブックにのせる候補の写真をえらんでおくと、フォトブック作りがかなりスムーズに。

候補の写真はパソコンならフォルダに、スマホなら専用のアルバムにまとめておくと作業しやすいです。

iPhoneの場合、「写真」のアルバム左上の+ボタンを押すことで新しいアルバムを作ることができます。

アルバム名に「フォトブック用」とつけておくと分かりやすい。

サイズとページ数を選ぶ

フォトブックのサイズは4種類。

  • 文庫サイズ
  • A5スクエア
  • A5サイズ
  • A4サイズ

があります。

私はずっとA5サイズで作っています。

ちょうどいいサイズ感で、本棚から気軽に取り出して眺めることができていい感じ。

ページ数は6パターン。

  • 24ページ(最大89枚)
  • 36ページ(最大137枚)
  • 48ページ(最大185枚)
  • 72ページ(最大281枚)
  • 96ページ(最大377枚)
  • 144ページ(最大569枚)

があります。

とやまや

人気ナンバーワンは32ページ。

1ページに2枚以上の写真を載せることができるので、選んだ写真の数より少ないページ数を選択します。

最初にページ数を決めてから、フォトブックに載せる写真をえらぶのもアリ。

私は毎回、72ページ以上・写真100枚以上になります。

何ページのアルバムになるか見当がつかない状態で作り出すので、写真を選んでからページ数を選んでいます。

写真のレイアウトを決める

レイアウトにこだわりすぎると、無限に時間がかかります。

私の場合、以下のマイルールに従って作っています。

  • 文字はいれない
  • つかうレイアウトは3種類まで
  • 写真選びふくめ3日以内に完成させる

最近では、レイアウトは娘にお任せすることもあります。

小学生でもすぐに理解して操作できるくらいカンタンです。

しまうまフォトブックは何日で届く?

しまうまフォトブック

フォトブックは、「仕上げかた」と「配送方法」によって家に届くまでの日数がかわります。

いちばんリーズナブルなライト仕上げ+メール便だと、フォトブック注文の1日後に発送され、8日前後で自宅に届きます。

この記事を書いているときに作ったフォトブックは、発送の連絡から4日で自宅のポストに届きました。

急ぎの場合は宅配便を選択すると、もっと早く届きます。

とはいえ、交通状況や配送状況によっては遅れが生じることも。

フォトブックをプレゼントにしようと考えている場合は、日にちに余裕をもって作るのが安心です。

さいごに

子供が生まれる前までは「写真はデータで見ればいい派」でした。

アルバムは管理が面倒だし、重いからひっぱり出すのも大変だし。

でも、データもデータで意外と見返さないんですよね。

フォトブックなら軽いし、場所をとらないし、気軽に見返すことができます。

こども達は好きなタイミングでフォトブックをながめて、幼児期の自分のオモシロ写真を見ては爆笑しています。

こんなに安くて大丈夫かな?

なんて最初は思ったものですが、10年以上前に作ったライト仕上げのフォトブック、ぜんぜん劣化していません。

フォトブックにしたい写真がまだまだあるから、お値段が上がる前にガシガシ作らなくては!

【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

富山うまれ富山育ち・2児の母。平日ランチレポや子供と楽しめるグルメ・遊び場・子育てに役立つ情報をママ目線で発信しています。お出汁がきいたお料理を食べると最高に幸せを感じる今日このごろ。ジャンキーなB級グルメも好き。

目次